もしもの時に

防犯カメラを設置する最大のメリットは、犯罪を未然に防ぐ事ができるというところですが、もし何か犯罪が起きてしまった時でも役に立ちます。
なぜなら、防犯カメラや監視カメラというのは、店内や庭、駐車場をずっと撮影しているので、もし空き巣や車上荒らしの被害に遭ったとしても、かなりの確率で犯人を特定させる事ができます。
防犯カメラや監視カメラを設置していなければ、犯行現場を目撃する事もできませんし、犯人の体格や言動などを確認する事ができません。
そうなると、犯罪者を特定するのにかなりの時間がかかってしまい、犯人を追い詰める事が難しくなってしまいますが、事前に防犯カメラや監視カメラを設置しておけば、犯人の特徴などを直ぐに特定できるので、早い段階で時間を解決させる事ができるのです。

犯罪者の逮捕の為の証拠に

防犯カメラや監視カメラは、昼間や夜中でも関係なく鮮明に映像を撮影することができるので、どんなに暗くても犯人の表情や特徴を抑える事ができるので、犯罪者の逮捕の為の証拠になるのです。
防犯カメラや監視カメラの映像も、昔は画素数が荒くて暗い場所での映像は非常に見にくい状態が多かったですが、最近では撮影技術が進歩して遠くにいる犯人の顔も鮮明に撮影できるようになっています。
ですので、犯罪を未然に防ぐためだけではなく、もしも犯罪が起こった時の為にも防犯カメラや監視カメラを設置することをオススメします。