ダミーカメラ

街中の様々な場所に防犯カメラや監視カメラが設置されていても、全ての犯罪が抑制されるわけではありません。
空き巣や車上荒らしといった犯罪の手口というのは、次第に巧妙になっています。
犯罪者も、防犯カメラの存在に気付くと、カメラを破壊して犯罪に及んだりしますが、最近ではそうした巧妙な手口に対応した超小型防犯カメラやダミーカメラというものが開発されています。

小型防犯カメラとは

小型防犯カメラとは、周囲からでは気が付かないようなところから撮影できるよう、コンパクトに作られた防犯カメラのことで、従来のカメラでは大きなサイズのものが効果的でしたが、反対に犯人たちの目に付きやすいというのが難点でした。
しかし、小型カメラでは犯人たちの目に付かないように設置できるので、犯行の一部始終を犯人にバレることなく撮影することができます。
また、ダミーカメラは実際には撮影などをする機能は無くて、ただ防犯カメラや監視カメラの形をしただけのオブジェです。
ダミーカメラを設置しておいて、それとは別に監視カメラなどを設置しておくことで、ダミーカメラを壊されたとしてももう片方のカメラで犯行の一部始終を撮影できるので、防犯カメラのオトリとして役に立ちます。
このように、最近では様々な種類の防犯カメラや監視カメラが開発されているので、犯罪の被害に遭わない為にもマンションや家に設置する事をオススメします。