Archive for the ‘未分類’ Category

防犯カメラで大切な人達を守りましょう

無くならない侵入被害
いつの時代も、空き巣による侵入被害が無くなることはありません。遠い昔の時代ですと、自宅の庭に砂利を敷くことや犬を飼って防犯対策をしていましたが、現代では様々な防犯グッズが開発されたので、役立てることができます。その中でも最も頼りになる存在が、防犯カメラです。防犯カメラを設置することで、自宅やオフィス・店舗を守ることができるでしょう。防犯カメラの設置は安全と安心を私達に与えてくれるのです。

記録・監視ができる防犯カメラ
防犯カメラを設置することで、空き巣が発生した際に映像として記録することができるので、空き巣にとって防犯カメラが設置されている家などは侵入し辛く、狙われる確率が低くなります。万が一狙われたとしても、記録として証拠を残すことができるので防犯カメラの設置は非常に有効なのです。また、防犯カメラの設置は、玄関や裏口などの入り口に設置することが一般的なのですが、窓ガラスを破って侵入するケースもありますので、不安を感じられるのであれば、窓ガラス付近にも防犯カメラを設置するとさらに防犯性は高まります。ガレージなども狙われやすいので、ガレージの入り口にも防犯カメラを設置しておけばさらに安全です。

今すぐ設置しましょう
防犯カメラを設置しているか設置していないかで、防犯性は大きく変わってきます。何か事件が身近で起こっても、自分だけは大丈夫と安心してしまう方も多いのですが、何か起きてからでは遅いので、防犯カメラを設置されていない方は、すぐにでも防犯カメラを設置して防犯の意識を持つことをお薦めします。オフィスや店舗を経営者様にも、防犯カメラの設置をお薦めします。より良い暮らしのためにも、防犯カメラを設置して有効に活用しましょう。

空き巣は監視カメラを嫌がります

空き巣犯
空き巣犯は、空き巣を行う家の下見を行います。その家には近所の人からの死角があるかどうか。玄関の鍵はピッキングで開けやすいタイプのカギかどうか。窓ガラスは防犯ガラスになっていないかどうかなど、事前に入念に下見を行います。下見をするときに特に注意して確認をするのは監視カメラがあるかないかどうかです。空き巣犯は監視カメラに自分の姿が映るのをとても嫌がります。監視カメラによって自分の犯行現場の映像が記録されてしまうからです。映像が記録されることによってその映像が手掛かりとなって自分が捕まってしまう可能性もありますからね。ですので、自分の家が空き巣犯の被害に遭うのを未然に防ぐ為に監視カメラを設置してみてはどうでしょうか。

ダミーカメラの設置も効果があります
上記の記事で記載した監視カメラも種類が様々で値段も様々ですが、どれも高額な物ばかりです。なので、中々手を出しにくいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そういった人の為にダミーカメラというものがあります。値段はリーズナブルな物が多く、ダミーカメラと言っても本物の監視カメラと見た目が変わらないので本物の監視カメラと見間違えてしまいます。ダミーカメラなのでもちろん映像を記録する機能は搭載されていませんが、ダミーカメラを監視カメラと信じ込ませることによって空き巣被害を防ぐことができるのです。

地域の治安を守るためにも
監視カメラは空き巣犯の行為を防ぐだけでなく、地域の治安を守る効果もあります。監視カメラに見られていると思うと変なことは出来ませんからね。ですので、監視カメラ、またはダミーカメラの設置を検討してみてはどうでしょうか。

防犯カメラを設置して安全対策しましょう

世の中は危険がいっぱい

防犯カメラの設置をオススメする理由は、意外にも犯罪は身近にあるからです。防犯カメラを設置する事の需要が高まっている主な理由でもあり、特に一人暮らしの女性には強くおススメします。ストーカー被害や空き巣被害は、男性よりも力の弱い為こういった悪質な犯罪の被害に合いやすいです。防犯カメラを設置する事でこれらの凶悪犯罪の対策をしておきましょう。お嬢様が一人暮らしをするという方がいらっしゃいましたら、ぜひ防犯カメラの設置を検討してあげてください。

作業場での事故防止、安全対策にも

工場や倉庫などの高い所などでの業務が多い作業所は、事故が起きる危険性が高いです。そのため、安全対策の為に防犯カメラを設置する必要があるでしょう。防犯カメラを設置することで管理者も現場を管理しやすくなりますし、怠けた従業員を監視するという意味でも需要があります。また、防犯カメラの設置を積極的に取り入れることで企業イメージの向上に繋がる効果もあります。

学校などの施設の対策としても

大事なお子さんが通われている学校にも防犯カメラが設置してあればとても安心です。学校の校舎内にも盗難事件もあり、金銭や貴重品の防犯対策にも有効です。防犯カメラを設置すれば外部の侵入者からも守ることができるのも防犯カメラを設置する事のメリットの一つです。図書館といった公共施設の盗難からも、防犯カメラの設置で守る事もできなす。挙げていけばきりがない日本の犯罪。安全の為にも防犯カメラの設置をご検討ください。

防犯カメラを設置する前に、最新事情を知っておこう

成長する防犯カメラ市場
現代社会では街中、ビルの中でよく見かけるようになったカメラといえば、「防犯カメラ」。防犯設備市場は1兆3700億円となっており、防犯カメラは毎年5%以上の成長が見込まれる市場になっております。

最新ドーム型防犯カメラの威力
その中でも一番売れているのが、ドーム型防犯カメラです。いままでの防犯カメラに比べて監視されているという威圧感が少ないため、スーパーや小売店で設置されることが多くなっています。この防犯カメラを設置すると、水平方向に360度、垂直方向に180度動かすことができます。ほぼ全ての場所を監視することができます。さらに30倍ズームまでできるので、離れた場所まで監視することができます。

広く普及してきた家庭用防犯カメラ
監視カメラは店舗だけで使われるだけではありません。現在では家庭用の防犯カメラの設置ニーズも高まっています。一昔前は監視カメラを設置するのはかなり高い費用が必要でしたが、今では無理なく設置できるタイプの監視カメラも広く普及しています。防犯カメラ設置の費用だけを考えると、WEBカメラを利用するのも賢い選択です。パソコンを使えば配線工事や録画装置も別に用意する必要がありません。wi-fiに対応している商品を使えば、無線LANを使いパソコンで録画、再生が可能です。防犯カメラの設置場所は、賃貸物件の場合は建物にキズをつけないように設置できるタイプを選ぶ必要があります。1階の玄関入口に防犯カメラを設置する方が多いですが、空き巣は2階のベランダから侵入することも多いので、ベランダへの防犯カメラ設置を検討しても良いでしょう。

防犯カメラを設置する効果

防犯カメラを設置する理由
防犯カメラが設置されている場所といえば、お店や路地を想像する人も多いのではないでしょうか。たしかに、防犯カメラが設置されている場所はお店が多くなっています。お店が防犯カメラを設置する理由は、防犯カメラを設置することで犯罪の抑止になると考えられているからです。万引きはお店に大きな被害を与える犯罪ですが、防犯カメラがあることによって万引きなどの抑止力になります。
防犯カメラを設置するメリット
防犯カメラを設置するとどのようなメリットがあるのでしょうか。最近では防犯カメラは一般家庭にも普及しています。防犯カメラを設置することによって、訪ねてくる人が誰なのかを知ることができます。また、不審者の姿を捉えることができるのも防犯カメラの設置の大きなメリットです。不審者は姿を見られるのを嫌うため、防犯カメラを設置すれば、防犯対策になります。
防犯カメラを設置する場所
防犯カメラを設置する場所は、お家の外だけに留まりません。お家の中へ防犯カメラを設置することも可能です。防犯カメラをお部屋に設置すると、ペットが何をしているかを知ることができます。ペットは皆さんが在宅しているとき、していないときで違った行動をすることもあるので、ペットがイタズラをする瞬間も捉えることができるでしょう。また、万が一空き巣などの不審者がお部屋の中へ侵入しても、防犯カメラが設置してあると、その姿を録画できます。便利な防犯カメラを設置してみませんか。

防犯カメラの種類と用途

今や日々進化し続けている防犯カメラですが、そんな防犯カメラにも種類がいくつかあり、その種類によって用途が違ってくるので、種類別の用途をご紹介致します。

【ボックス型】
昔からある監視カメラですね、このタイプのカメラはコンビニや商店街などでよく見る形で、いかにもカメラを発見しやすい形で撮っているのがバレバレで意味があるのか?と思われる方もいますが、これはしっかり見張っていますよ!とアピールする効果もあり、犯罪の抑止力にもなっているのです。犯罪などが起こってから犯人を特定するのに活躍する防犯カメラですが、犯罪を事前に阻止出来る効果は他のタイプには無い特徴なので、他のタイプの物と合わせて使うのが効果的でしょう。このタイプには弱点もあります、カメラ自体を見つけやすいという事が逆に不利になり、映されている範囲を特定するのが用意で、死角を見つけやすいという弱点があります。

【ドーム型】
このタイプは、パッと見では防犯カメラだとは気づきにくく、監視されているという感覚になりにくいので、不快に思う人が少ないため、大型デパートなどの人が多く集まる場所で活躍しています。監視範囲も特定するのが難しいので、死角スペースにまで防犯効果を与えることが出来ます。中には火災報知機の機能も備わっていて、カメラと分からないモデルまであります。

【カモフラージュ型】
こちらはアニメや映画などで度々出てくるタイプのものですね。壁にある時計の中心にカメラがあったり、人物画の目の部分がカメラになっていたりと様々です。このタイプはカメラの存在に気づかれないというのが前提なので、家庭向きではないかもしれません。

自動販売機にも防犯カメラ

自動販売機は狙われています。
日本全国には実に多くの自動販売機が設置されていますね。
そして、この自動販売機を狙った犯罪は日々起き続けています。
自動販売機には多くの現金が収納されているので、犯罪者はこの現金を狙ってきます。
そして周囲は無人であることが多いのも特徴です。
暗がりの中でぱっと明るく光る自動販売機の光景はよく見られますよね。
まさに犯罪者にとっては現金を取ってくれと言わんばかりの状況なのです。
自動販売機には破壊されたときの警報などの防犯機能がありますが、証拠が見つからなければなかなか犯人逮捕までには至りません。
もちろん、自動販売機メーカーも手をこまねいているわけではありません。
様々な防犯機能を設置し、自動販売機自体の防犯機能の強化を日々行ってきています。
その中の一つに防犯カメラ機能の設置もあります。 犯罪被害にあってきた自動販売機だからこその進化になります。

自動販売機を狙った犯罪は逃さない
自動販売機の防犯機能は進化し、今では防犯カメラ付きの物も出てきました。
この防犯カメラは自動販売機へのいたずらや犯罪だけでなく、周囲を映せる機能の物もあるので自動販売機の周辺で起こる犯罪行為もしっかりと記録することができます。
また、最近では一歩進んで地域防犯の役割として自動販売機を活用する事例も増えてきています。
自動販売機を地域の防犯拠点の一つとして活用することにより地域全体の防犯力をアップするために利用とする試みです。
自動販売機周辺は無人である場合が多く、また暗がりなど犯罪が起きやすい箇所に設置されていることが多いです。
このような犯罪を防止するために防犯カメラ付き自動販売機が大活躍しているのです。
地域全体として犯罪のおきやすい箇所に防犯カメラ付き自動販売機を増やしていくことによって多くの監視の目を増やすことができます。
日常生活において、ちょっとした潤いを得るために使っている自動販売機はまさに24時間眠らぬ番人として日々活躍しているのです。

自動販売機はいまや防犯防災の拠点
防犯カメラ付き自動販売機はいまや地域に欠かせないものになりつつあります。
全国には実に多くの自動販売機が設置されています。
まさにこの自動販売機ネットワークと呼べるものを活用しない手はないです。
実際に、各地では自治体、警察機関、防犯関連企業などが提携をして防犯カメラ付き自動販売機の活用を検討、または設置などが進んできております。
また防犯だけでなく、防災の観点からも活用をしていこうという試みも始まっております。
災害が起こった際にも防犯カメラ付き自動販売機から送られてくる映像をもとに被害状況の把握などにも活用していこうとしています。
いまや自動販売機はただ飲料を提供するだけでなく、地域の防犯・防災拠点としての役割を担うまでに進化してきているのです。
街中に普通にある自動販売機はあなたの安全を陰からしっかりと見守ってくれています。
これからも自動販売機の進化には期待していきたいですね。

進化する防犯カメラ

防犯カメラは進化しています
店舗やマンションなど、街中には防犯カメラの設置がどんどん増えています。防犯カメラというと、コンビニエンスストアなどに設置された、いかにもカメラという形状のものが一般的ですが、数年前からカメラが内蔵されたドーム型カメラが増えてきています。従来の防犯カメラに比べて、いかにも監視されているという威圧感が少ないため、デパートやスーパーなどでドーム型の防犯カメラの設置が増えています。
ドーム型カメラの優れた点は、ドーム内でカメラがぐるぐると回り水平方向に360度、垂直方向に180度監視できるという点です。従来の監視カメラにあった死角がドーム型カメラにはないので、全方位を監視することが可能です。

「人目」の代わりとなる防犯カメラの設置
商業施設など街中に防犯カメラが増えつつある中、個人宅に防犯カメラを設置する人も増えています。核家族化や若い人の都市部への流出など、各地で昔ながらの地域社会は崩れていっています。三世代同居が当たり前であったような時代であれば、地元の高齢者のネットワーク強固なものであり、不審者が地域に侵入したときなどはすぐに「人目」につきました。今はその「人目」が地域社会から失われつつあります。独身向けワンルームマンションなどでは、隣人の顔も名前も分からないなど当たり前の社会です。失われていく「人目」に代わり防犯の役割を担ってくれるのが防犯カメラの設置です。

防犯カメラを設置して我が家を守る
テレビでは毎日のように犯罪の悲惨なニュースが流れます。全く無関係な第三者が犯罪者となり、アカの他人を傷つけることも珍しくありません。自分と家族を守るためには、自らの防犯意識を高めなければならない世の中になってきました。防犯カメラの設置はひとつの手段です。防犯カメラの設置を専門業者に相談すれば、自宅に合わせた防犯カメラの設置を提案してもらえるでしょう。防犯カメラの設置、防犯カメラの工事の情報はインターネットで検索することができますので、一度調べてみてはいかがでしょうか。

防犯カメラは抑止力になります

共有部分に取り付けると

人間誰しも、人に見られていれば悪いことがはできないものです。逆に誰にも見られていなければ魔が差してしまうこともあるでしょう。しかし、同じ場所を24時間監視しておくのは、至難の業です。そんな時に役立つのが、防犯カメラです。防犯カメラは私達の代わりに、24時間体制で現場を監視してくれます。
マンション共有部でいたずらが多い時や、ゴミ捨て場のマナーが良くないときには、監視カメラを取り付けることで、いたずらやマナー違反が少なくなる可能性あります。また、何かあった時には、監視カメラの映像が証拠になることもありますので、共有部分には監視カメラを設置しておくことをおすすめします。

防犯性能を高めよう

最近は、物騒な事件も多いので、防犯意識を高く持っている方が多いと思います。鍵の交換や、ガラスの強化なども有効ですが、防犯カメラの設置も十分効果的です。とくに犯罪者はカメラに映るのを嫌いますので、カメラがあるというだけで、侵入を防いでくれるかもしれません。犯罪者には、常に見ているぞという意思表示も効果的なのですので、防犯カメラの設置はかなり有効だと思います。

監視カメラの役割

監視カメラは、設置することで犯罪やいたずらを防止する抑止力になります。また、現場の状況が映像として残るというメリットもありますので、いざというとき証拠映像として提出することができるので、トラブルの早期解決を期待することができます。もし、防犯カメラに興味を持っているという方がいましたら防犯カメラの設置を前向きに検討されてはいかがでしょうか?

防犯カメラのトラブルを避けるために

需要が増加

さまざまな犯罪がはびこる現代社会において、近年はその設置の普及がますます増加の一途をたどっている防犯カメラや監視カメラ。防犯カメラや監視カメラを設置することで期待できることはやはり犯罪の抑止効果があるというメリットではありますが、その防犯カメラを設置する際に注意しなければならないことがいくつかあります。今回はそれらについて見ていくことにしましょう。

明確なルールはない

防犯カメラを設置するときに最も気をつけなければならないのが、「ご近所への配慮」といえるでしょう。防犯カメラの設置に関して法律で禁止されていることといった明確なルールというものは存在しませんが、現代の住まいは狭いことも多く、防犯カメラの設置場所によってはご近所のお住まいが防犯カメラの撮影範囲内に入ってしまうということはあり得ることです。そしてそのことで「自分が常に監視されているのではないか」と感じてしまい、それがクレームとなってご近所トラブルに発展しまうことが多々あります。そのような事態を招かないようにするために、防犯カメラの設置場所に細心の注意を払うのはもちろんのこと、防犯カメラの設置工事をする前に、これから設置する旨とその理由をご近所の方にきちんとお伝えするようにし、普段からのフォローを欠かさないということを念頭に置いておくようにしましょう。

画像の使用についても

防犯対策や監視目的で設置されているカメラには、映っている本人が知らないところでその顔などが保存されることになってしまいます。事件などが発生した場合、その画像を世間に公表しなければならない場合がありますが、その際になによりも考慮しなければならないのが、「個人のプライバシーの侵害」にならないかどうかという点です。肖像権は誰もが所有するものです。こういった点を侵害してしまうと、場合によっては訴訟問題に発展してしまうことがあります。防犯カメラや監視カメラの設置を検討する際には、このような場合にはどうするかということも熟慮しておくようにしてください。