防犯抑止ならカメラはやや目立ち気味に

監視カメラの活躍
近年、耳を塞ぎたくなるような痛ましい事件がいくつも起きているのは非常に残念なことですが、全ての事件が未解決で終わっている訳ではなく、早期解決で犯人逮捕に至っているケースも少なくないというのは、被害に遭われた方に対してせめてもの救いではないでしょうか。その事件の早期解決に役立っているのが『監視カメラ』の存在です。今や監視カメラはあらゆるところに設置されているので、犯人もまさか映っていることなど露知らず犯行に至って、それが手がかりとなってすぐに捕まることもあります。

防犯カメラの設置
監視カメラが犯人検挙に役立っているといいましたが、それは犯罪後の活躍です。願わくば犯罪が起きないことの方が望ましいですね。そんな時に役立っているのが『防犯カメラ』の存在です。監視カメラも防犯カメラも機能的には同じで特に違いはありませんが、監視カメラが目立たない出立ちでいるのに対し、防犯カメラはむしろ存在感を出していることが多いです。「ここにカメラがあって映しています。悪いことをしてもすぐにバレます」ということを暗黙のうちに知らしめて、結果、犯罪を抑止しているのです。犯罪を未然に防ぎたい場合は、この防犯カメラのように、少し探せばわかるようにするのが良いかもしれません。但し、死角がないようにしたり、監視カメラのようにいざというときの証拠となるように、しっかり撮っておくことも大切です。

監視カメラ・防犯カメラを設置しましょう
犯罪は起きないことが一番ですが、何事にも100%ということはありません。まずは犯罪抑止のために防犯カメラを少し目立つくらいに設置しましょう。次に、万が一犯罪が起きてしまった時に泣き寝入りすることのないよう、わかりにくい位置に監視カメラをこっそりと設置しましょう。

Comments are closed.