防犯カメラを設置する前に、最新事情を知っておこう

成長する防犯カメラ市場
現代社会では街中、ビルの中でよく見かけるようになったカメラといえば、「防犯カメラ」。防犯設備市場は1兆3700億円となっており、防犯カメラは毎年5%以上の成長が見込まれる市場になっております。

最新ドーム型防犯カメラの威力
その中でも一番売れているのが、ドーム型防犯カメラです。いままでの防犯カメラに比べて監視されているという威圧感が少ないため、スーパーや小売店で設置されることが多くなっています。この防犯カメラを設置すると、水平方向に360度、垂直方向に180度動かすことができます。ほぼ全ての場所を監視することができます。さらに30倍ズームまでできるので、離れた場所まで監視することができます。

広く普及してきた家庭用防犯カメラ
監視カメラは店舗だけで使われるだけではありません。現在では家庭用の防犯カメラの設置ニーズも高まっています。一昔前は監視カメラを設置するのはかなり高い費用が必要でしたが、今では無理なく設置できるタイプの監視カメラも広く普及しています。防犯カメラ設置の費用だけを考えると、WEBカメラを利用するのも賢い選択です。パソコンを使えば配線工事や録画装置も別に用意する必要がありません。wi-fiに対応している商品を使えば、無線LANを使いパソコンで録画、再生が可能です。防犯カメラの設置場所は、賃貸物件の場合は建物にキズをつけないように設置できるタイプを選ぶ必要があります。1階の玄関入口に防犯カメラを設置する方が多いですが、空き巣は2階のベランダから侵入することも多いので、ベランダへの防犯カメラ設置を検討しても良いでしょう。

Comments are closed.