防犯カメラの種類と用途

今や日々進化し続けている防犯カメラですが、そんな防犯カメラにも種類がいくつかあり、その種類によって用途が違ってくるので、種類別の用途をご紹介致します。

【ボックス型】
昔からある監視カメラですね、このタイプのカメラはコンビニや商店街などでよく見る形で、いかにもカメラを発見しやすい形で撮っているのがバレバレで意味があるのか?と思われる方もいますが、これはしっかり見張っていますよ!とアピールする効果もあり、犯罪の抑止力にもなっているのです。犯罪などが起こってから犯人を特定するのに活躍する防犯カメラですが、犯罪を事前に阻止出来る効果は他のタイプには無い特徴なので、他のタイプの物と合わせて使うのが効果的でしょう。このタイプには弱点もあります、カメラ自体を見つけやすいという事が逆に不利になり、映されている範囲を特定するのが用意で、死角を見つけやすいという弱点があります。

【ドーム型】
このタイプは、パッと見では防犯カメラだとは気づきにくく、監視されているという感覚になりにくいので、不快に思う人が少ないため、大型デパートなどの人が多く集まる場所で活躍しています。監視範囲も特定するのが難しいので、死角スペースにまで防犯効果を与えることが出来ます。中には火災報知機の機能も備わっていて、カメラと分からないモデルまであります。

【カモフラージュ型】
こちらはアニメや映画などで度々出てくるタイプのものですね。壁にある時計の中心にカメラがあったり、人物画の目の部分がカメラになっていたりと様々です。このタイプはカメラの存在に気づかれないというのが前提なので、家庭向きではないかもしれません。

Comments are closed.