防犯カメラのトラブルを避けるために

需要が増加

さまざまな犯罪がはびこる現代社会において、近年はその設置の普及がますます増加の一途をたどっている防犯カメラや監視カメラ。防犯カメラや監視カメラを設置することで期待できることはやはり犯罪の抑止効果があるというメリットではありますが、その防犯カメラを設置する際に注意しなければならないことがいくつかあります。今回はそれらについて見ていくことにしましょう。

明確なルールはない

防犯カメラを設置するときに最も気をつけなければならないのが、「ご近所への配慮」といえるでしょう。防犯カメラの設置に関して法律で禁止されていることといった明確なルールというものは存在しませんが、現代の住まいは狭いことも多く、防犯カメラの設置場所によってはご近所のお住まいが防犯カメラの撮影範囲内に入ってしまうということはあり得ることです。そしてそのことで「自分が常に監視されているのではないか」と感じてしまい、それがクレームとなってご近所トラブルに発展しまうことが多々あります。そのような事態を招かないようにするために、防犯カメラの設置場所に細心の注意を払うのはもちろんのこと、防犯カメラの設置工事をする前に、これから設置する旨とその理由をご近所の方にきちんとお伝えするようにし、普段からのフォローを欠かさないということを念頭に置いておくようにしましょう。

画像の使用についても

防犯対策や監視目的で設置されているカメラには、映っている本人が知らないところでその顔などが保存されることになってしまいます。事件などが発生した場合、その画像を世間に公表しなければならない場合がありますが、その際になによりも考慮しなければならないのが、「個人のプライバシーの侵害」にならないかどうかという点です。肖像権は誰もが所有するものです。こういった点を侵害してしまうと、場合によっては訴訟問題に発展してしまうことがあります。防犯カメラや監視カメラの設置を検討する際には、このような場合にはどうするかということも熟慮しておくようにしてください。

Comments are closed.