防犯カメラで犯罪防止

減らない空き巣被害
防犯の意識は高まっているとはいえ、空き巣などの犯罪が減らないところをみると、まだまだ不十分なような気がします。ピッキングに強い鍵を付けているから大丈夫、窓には割れにくいガラスを取り付けているから大丈夫、と安心している人もいるかもしれません。しかし開かない鍵も割れない窓もありません。時間をかければ鍵を開けたり壊したりすることは可能ですし、窓も何度も同じところを集中して力を加えていると割ることが可能です。折角、高い防犯対策をしていても空き巣被害に遭うことはあります。それは何故でしょうか。

防犯カメラで面が割れる
上記の高い防犯対策で欠けているもの、それは空き巣犯を限定し捕まえるという要素です。どんなに強い鍵や窓ガラスを持ってしても侵入されたらそれでお終いです。確かに侵入のための時間をかけさせることには効果がありますが、誰も気付かなければ空き巣の実行を許し「防犯」にはなりません。そこでもう一つ設置して頂きたいのが『防犯カメラ』です。防犯カメラは、空き巣犯が嫌がる「面が割れる」というのに大変効果的です。最近のカメラは画質が大変良いので、鮮明に不審者を撮影してくれます。間接的ではありますが、防犯カメラが設置してあることで、空き巣犯の心理に訴えて犯罪そのものを防止することが可能なのです。

防犯カメラの施工
ピッキングに強い鍵、割れにくい窓を設置しているのでしたら、決めの一手、防犯カメラの設置をしてみましょう。防犯性は格段に上がるはずです。また防犯カメラとホームセキュリティーを連動させれば、完璧に近いような防犯対策が出来るはずです。

Comments are closed.