進化する防犯カメラ

防犯カメラは進化しています
店舗やマンションなど、街中には防犯カメラの設置がどんどん増えています。防犯カメラというと、コンビニエンスストアなどに設置された、いかにもカメラという形状のものが一般的ですが、数年前からカメラが内蔵されたドーム型カメラが増えてきています。従来の防犯カメラに比べて、いかにも監視されているという威圧感が少ないため、デパートやスーパーなどでドーム型の防犯カメラの設置が増えています。
ドーム型カメラの優れた点は、ドーム内でカメラがぐるぐると回り水平方向に360度、垂直方向に180度監視できるという点です。従来の監視カメラにあった死角がドーム型カメラにはないので、全方位を監視することが可能です。

「人目」の代わりとなる防犯カメラの設置
商業施設など街中に防犯カメラが増えつつある中、個人宅に防犯カメラを設置する人も増えています。核家族化や若い人の都市部への流出など、各地で昔ながらの地域社会は崩れていっています。三世代同居が当たり前であったような時代であれば、地元の高齢者のネットワーク強固なものであり、不審者が地域に侵入したときなどはすぐに「人目」につきました。今はその「人目」が地域社会から失われつつあります。独身向けワンルームマンションなどでは、隣人の顔も名前も分からないなど当たり前の社会です。失われていく「人目」に代わり防犯の役割を担ってくれるのが防犯カメラの設置です。

防犯カメラを設置して我が家を守る
テレビでは毎日のように犯罪の悲惨なニュースが流れます。全く無関係な第三者が犯罪者となり、アカの他人を傷つけることも珍しくありません。自分と家族を守るためには、自らの防犯意識を高めなければならない世の中になってきました。防犯カメラの設置はひとつの手段です。防犯カメラの設置を専門業者に相談すれば、自宅に合わせた防犯カメラの設置を提案してもらえるでしょう。防犯カメラの設置、防犯カメラの工事の情報はインターネットで検索することができますので、一度調べてみてはいかがでしょうか。

Comments are closed.