自分の家は自分で守る

防犯意識を持とう!

近年、様々な事件が発生しています。大きな物では命にかかわるものから、小さなものだとちょっとしたいたずらなど様々です。
警察だけでなく、民間の警備会社に依頼をすることで自宅の安全を守ることも出来ますが、やはり自分の身は自分で守る、自分の家は自分で守るということが大切かもしれません。その際に、監視カメラを付けるのは大変効果的です。

見られたくない

防犯カメラを設置することが何故防犯対策として効果的かご存じですか?多くの犯罪者は、できるだけ自分の顔が記録に残らないように犯行に及びます。
顔がバレてしまえば、今の警察は簡単に個人を特定して犯人を捕まえることが可能です。また、実際に何をしていたかということを監視カメラを設置して、証拠として残すことも可能になります。このように、防犯カメラの設置は犯罪抑止効果もあるので、是非監視カメラの設置をされることをお勧めします。

角度などが重要

しかし、いくら防犯カメラの設置が犯罪防止に効果があるとはいえ、闇雲に設置するのは効果がありません。例えば、これみよがしにカメラを設置しておくことは、一種の威圧効果になりますが、カメラの位置が分かりやすく、簡単に死角を通り抜けたりされる可能性があります。また、せっかくのカメラも設置した方向がおかしければ全く設置した意味がありません。監視カメラの工事は、自分で行わずに専門業者に依頼することで、監視カメラの設置を効果的に、そして確実に行ってもらうことが可能となります。

Comments are closed.