空き巣発見には防犯カメラを

後を絶たない空き巣
これだけ豊かな時代、豊かな国に生きているはずなのに、私たちの国では空き巣被害は後を絶ちません。物に恵まれるほど犯罪が増えるなんて何だか滑稽ですね。そんな世の中にあって、空き巣に入られないように防犯対策をしている人も最近は増えているようです。

防犯グッズ「鍵」
防犯対策が最も進んでいるのは「鍵」でしょう。家に侵入するにはドアを開けて入るのが一番です。空き巣の多くは、「ピッキング」という工具を使って開錠する方法を利用して、侵入していると言われています。そのため最近では、「ディンプルキー」などのピッキングが困難な鍵も普及しはじめており、空き巣を悩ましているそうです。

防犯グッズ「ガラス」
次の防犯対策場所は「窓」です。空き巣の実に6割が窓を割って侵入するというデータもあるくらい、窓は狙われやすい場所です。従って、窓を割れにくくするために、防犯ガラスに替えたり、防犯フィルムを貼ったりという対策を講じる人も増えています。

防犯グッズ「防犯カメラ」
さてドアも窓も防犯対策をしました。しかしこれでもまだ空き巣には入られる可能性は消えません。それは時間をかければ、鍵も開錠が不可能ではありませんし、窓も割ることが出来るからです。鍵もガラスも防犯対策をして駄目ならどうしたらいいのでしょうか。やはり最後に有効なのは、空き巣をいち早く「発見」することになります。そこで力を発揮するのが最後の防犯グッズ「防犯カメラ」です。ドアや窓をはじめ、死角となりそうな場所に設置しておけば、空き巣が作業する暇を与えません。空き巣を防止するなら防犯カメラの設置をお薦めします。

Comments are closed.