空き巣は監視カメラを嫌がります

空き巣犯
空き巣犯は、空き巣を行う家の下見を行います。その家には近所の人からの死角があるかどうか。玄関の鍵はピッキングで開けやすいタイプのカギかどうか。窓ガラスは防犯ガラスになっていないかどうかなど、事前に入念に下見を行います。下見をするときに特に注意して確認をするのは監視カメラがあるかないかどうかです。空き巣犯は監視カメラに自分の姿が映るのをとても嫌がります。監視カメラによって自分の犯行現場の映像が記録されてしまうからです。映像が記録されることによってその映像が手掛かりとなって自分が捕まってしまう可能性もありますからね。ですので、自分の家が空き巣犯の被害に遭うのを未然に防ぐ為に監視カメラを設置してみてはどうでしょうか。

ダミーカメラの設置も効果があります
上記の記事で記載した監視カメラも種類が様々で値段も様々ですが、どれも高額な物ばかりです。なので、中々手を出しにくいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そういった人の為にダミーカメラというものがあります。値段はリーズナブルな物が多く、ダミーカメラと言っても本物の監視カメラと見た目が変わらないので本物の監視カメラと見間違えてしまいます。ダミーカメラなのでもちろん映像を記録する機能は搭載されていませんが、ダミーカメラを監視カメラと信じ込ませることによって空き巣被害を防ぐことができるのです。

地域の治安を守るためにも
監視カメラは空き巣犯の行為を防ぐだけでなく、地域の治安を守る効果もあります。監視カメラに見られていると思うと変なことは出来ませんからね。ですので、監視カメラ、またはダミーカメラの設置を検討してみてはどうでしょうか。

Comments are closed.