抑止効果としての監視カメラ

監視カメラは、犯罪の発生現場を記録したり、施設内の状況を記録することで、事件や事故の原因追求を行うために必要不可欠なものです。
しかし、監視カメラにはそれ以外の効果もある事をご存知でしょうか。
例えば、工場監視カメラを設置するのは元々ライン上でトラブルが起きないようにするために設置されているものですが、従業員による製品への異物混入や故意に破損させたりする事が内ないか監視しています。従業員も、そうして監視されていることがわかっていれば、迂闊な動きをできなくなります。
特に、一時期多発した食品への異物混入対策において、工場監視カメラの果たした役割というのはかなり大きい物があります。

また、住宅での防犯カメラの設置は空き巣防止のような犯罪防止はもちろん。もっと小規模な、例えばゴミのポイ捨てなどのいたずらや迷惑行為の抑止にもつながります。
そういった小さなイタズラや犯罪を行う人間は、監視されているとなるとそれらを控えるということが多いのです。
監視カメラの設置は、特に住宅街ではプライバシーの問題等でトラブルを起こすこともあるようですが、それらはきちんと事情を説明した上で、設置されるのが良いでしょう。
暗視タイプの監視カメラを設置することで、夜間のいたずら、犯罪防止にも対応できますので、それらの設置については電気工事なども必要になる場合があるため、監視カメラの設置工事ができる専門業者にご依頼されることをオススメします。

Comments are closed.