場所に応じたカメラを設置しましょう

闇雲に設置するだけでは効果がありません

防犯カメラの設置の際、ただ闇雲に台数を増やしたり、適当な場所に取り付けるだけでは効果的に犯罪を抑止することが出来ないことをご存知でしょうか?
確かに、カメラが有るというだけでも十分な抑止力になりうるという考え方もあるようですが、一方で、カメラに映らない限りは特に気にしないというのもまた事実です。効果的に防犯カメラの設置を行うにはどうすればいいのでしょうか?

設置する方向、場所

監視カメラや防犯カメラの設置で一番気をつけなければいけないのは、カメラの方向です。監視カメラを設置する場合には、カメラの映像に侵入者や犯人が写るような角度に調整をしておかないと、全く意味がありません。
また、設置する場所も、あまり低い場所に取り付けると、その分見渡せる範囲が狭くなりますし、カメラ自体が取り外されて盗まれたり、壊される事もありえます。防犯カメラを設置するなら、出来るだけ高い場所に設置して、イタズラで壊されないようにすることも必要かもしれません。

機能面も考えましょう

常時暗い場所を監視するカメラと、常時明るい場所を監視するカメラが同じものを設置していては意味がありません。暗い場所には暗視機能付きの防犯カメラを設置し、明るい場所には通常の防犯カメラ、場合によってはより高精細なものを選べば、犯人の顔もくっきり写ってくれます

Comments are closed.